レイポオ と ハクレイ について

このエントリーをはてなブックマークに追加
頭に着けるレイの名について
頭(ポオ)に着けるレイなのでレイポオという.しかし,ハクレイと呼んでいる人もいる.
ハクは,ハワイ語で 主人 とか 創作すると言う意味がある.また レイメーキングの方法で ハクというスタイルがある.これは,何か土台となる素材の上に 素材をどんどんのせて作る方法である.
頭につけるレイの多くは,しっかり頭に結べるように土台のしっかりした作りのレイが多い つまりハクスタイルで作ったレイが多いのである.
それをハクレイと言っているのを 聞いた日本人が全ての頭のレイについて(ハクスタイルで作っていないレイに関しても) ハクレイといってしまっているのではないか?
しかし,古代ハワイでは 頭と肩に着けるレイに関して敬意をはらっていたそうなので ハクの主人と言う意味で ハクレイ 主なるレイという意味の使い方もありえるのかもしれない